輝北天球館 −KIHOKU ASTRONOMICAL MUSEUM−
monobito architecture
眼下に桜島を見下ろす「きほく上場公園」は、全国星空継続観察で4季連続して日本一に選ばれた絶
景の地である。過疎・高齢化の進む町を、“星空の美しい町”として世界に情報発信したこの建築は、
高原の持つ土地の精神性と融合して宇宙へのファンタジーを喚起し、地域に呼び掛け、地域を活性化
する環境生命体。
   

Although Kihoku-cho had suffered from the problems of decrease of population or increase of aged citizens,birth of
this architecture causes to make Kihoku-cho be world famous as “the town of beautiful night sky.”And the museum
works with the spirituality of highlands,inspires fantasy of cosmos and continues calling to global surroundings.  

                              俯瞰
HOME
OFFICE
PROFILE
CONCEPT
BUILDING

輝北天球館
照明保育園
なのはな館

結晶のいろ
玉名天望館
第二大地の建築
久住高原レストラン
シネマコンプレックス

HOUSING
PROJECTS
ENVIRONMENT











TAKASAKI ARCHITECTS
1-42-22 KAMOIKE KAGOSHIMASHI JAPAN
©2007 TAKASAKI ARCHITECTS All Rights Reserved .ta@takasaki-architects.co.jp